楽器演奏に防音は大切です|部屋の防音対策をすると快適に過ごすことができる

部屋の防音対策をすると快適に過ごすことができる

楽器演奏に防音は大切です

室内

必要な性能は様々です

日本では音楽を聴いて楽しむだけではなく、趣味として自ら演奏している人が数多くいます。ただし、住宅事情の影響で、室内の音が外部に漏れることは珍しくなりません。そのため、音源次第では、騒音として扱われる可能性があります。その対策になる防音室は、遮音性能を高くする室内設備を設置して音漏れを低減する環境整備をした部屋です。遮音性能の高い建築資材を利用すれば、優れた防音室になります。当然ながら性能が高くなる程、多額の費用が必要です。一方で、一般的に楽器等の音源は一定の音域があるため、対応する可聴領域の音を遮れば十分な対策になります。つまり、防音室を設置する際には、利用する音源の音域を把握して必要な遮音性能を整備する方が効果的です。

気兼ねなく演奏ができる

どのような楽器でも、優れた演奏をするためには高い技術が求められます。したがって、長期的な修練を経なければ、上達は非常に困難です。そのため、自宅で気軽に日常的な演奏練習ができれば、円滑な技術の向上を期待できます。しかし、近隣住民に対する迷惑を気兼ねしていては、集中した練習にはなりません。防音室で練習ができれば、音漏れの心配をしないで充実した楽器演奏が可能です。また、外部からの騒音も減るため、雑音のない効果的な練習がしやすくなります。従来の防音室には、大規模な設備が必要でした。ところが、近年は遮音技術が、格段に向上しています。そのお陰で、一戸建て住宅だけではなく、マンション等の集合住宅でも気軽に防音室の設置ができます。